golfとpolo

フォルクスワーゲン沖縄中央 by うえはら

はじめまして。Okimagを運営している“女子大生”のうえはらです。
女子大生って響き、いいですね。JKブランドにも負けていません。
それはそうとOkimagってなに?という方はまずコチラをご覧ください!

そして記念すべき第一回目は
『フォルクスワーゲン沖縄中央』
さんにお邪魔してきました。

golfとpolo

入り口を入るとまず目に飛び込んでくるのは……
“Golf” “Polo”です。車好きの私にはたまりません!

店長の大城さん

店長の大城さんです。本日はお世話になります!
ピッカピカの新車に囲まれ、冷たいドリンクをいただけるという天国のような空間で
早速インタビューをさせていただきました。(フォルクスワーゲン、以下VW)

うえはら
VW沖縄中央ではどんなことを行っているんですか?
大城さん
主に新車販売、中古車販売、自動車整備の3つを行っています。
うえはら
中古車も販売しているんですね!新車には指の先すらも届かない私みたいな学生でも、「中古車なら……」と希望の光が差してきました。
うえはら
販売台数はどれくらいですか?
大城さん
新車が年間約100台、中古車が年間約25台です。VWからVWに乗り換える人よりも、国産車からVWに乗り換える人の方が多いんですよ。
うえはら
ちなみにどの車種が人気ですか?
大城さん
新車が年間約100台、中古車が年間約25台です。世代によって人気の車は違うんですが、今売れているのは“Polo” “Golf” “Beetle”の3種類です。販売台数は約30台ずつと他の車種が約10台で計100台です。Poloは子どもがいる女性、Golfは男性、Beetleは女性に人気の車です。
うえはら
いま力を入れている商品(売りたい商品)はどれですか?
大城さん
“Passat GTE”っていうハイブリット車ですね。エコだし走りも良いからおすすめです!
うえはら
外車って国産車に比べると燃費があまり良くないイメージだったんですが、ハイブリット車なら燃料を気にせず長距離ドライブできますね。ありがたや~!

対談風景

うえはら
大切にしていることや他メーカーさんには負けないぞー!というポイントがあれば教えてください。
大城さん
大衆車というのはやはり家族が安全に乗れる車でなければならないんですよ。そこでVWは価格帯に対し安全性をより考慮しています。ここだけの話、VWは高級車と同じ開発技術を使用しているんです。アウディと同じエンジンを使用した車もありますよ。
うえはら
ア、ア、アウディって……あのアウディ……!?!?
高級車と同じエンジンを使っているなんて驚きです。
うえはら
どういった店舗にしていきたいですか?
大城さん
 従業員が働いていて楽しく、お客様に喜んでいただける店舗でありたいと思っています。昨年からの試みで年に一度、合同のBBQを行っているんです。BBQのおかげで団結力が強まりました。
うえはら
現在何名の従業員がいらっしゃるんですか?
大城さん
営業や整備士など全部署合わせて11名います。そのうち女性が2名いて、1人は営業も行っているんですよ。
うえはら
女性の営業マンだなんてかっこいいですね。
私ももっとたくさんの方にVWの魅力を伝えたい……!!
うえはら
どのようにVWの魅力を伝えていますか?
大城さん
今までは新聞やチラシによる広告を行っていたんですが、最近はSNSでの情報発信をしたいなと思って模索中です…。実は私たち、Ti-daブログもやっているのでぜひ覗いてみてください!

ブログには車やイベントの情報だけではなく、スタッフおすすめの飲食店も紹介しています。
インタビューが終わり店内を見学させてもらいました。

店内風景

2階から見た1階フロアです。
ステキな車たちがみなさんをお迎えします。

従業員の方と

カウンター越しに一枚。
ガラス張りの店内以上に、従業員のみなさんが明るい会社でした。

The Bettle Duneをバックに

店長の大城さんともぱしゃり。The Bettle Duneをバックにツーショットです。照
いただいたカタログにはVWの魅力がいっぱい詰まっていました。
ホームページから無料で取り寄せできるので、興味のある方はぜひぜひぜひ。

最後に・・・
フォルクスワーゲン沖縄中央の皆さま、お忙しい中ありがとうございました。
P.S.今年のクリスマスはVWの新車をサンタさんにおねだりしよう。いい子にします。

Special thanks:フォルクスワーゲン沖縄中央の皆さま
Photo by:櫻井
Written by:うえはら

人気記事

  1. 外観

カテゴリー

PAGE TOP