株式会社セルリアンブルー by ぴろこ&ザマミ

アクティビティならおまかせ!

沖縄への熱い想いと未来を描く、株式会社セルリアンブルー


みなさんこんにちは〜♪
最近バッサリと髪を切りました! Okimagメンバーのぴろこです。

 

サンサンと照りつける夏の日差しが、皮膚に染み込んできますね…(暑すぎて溶けちゃう)
今すぐ海に飛び込みたい!

そんなときは…
アクティビティ専門の旅行会社『株式会社セルリアンブルー』へ行ってみよう!
おなじみのザマミカメラマンとともに取材に行ってきました♪

 

そしてなんと、取材とあわせてホエールウォッチングも体験させていただきました〜!

ホエールウォッチングといえば、沖縄ならではの冬のマリンアクティビティ
今年度の開催は終わってしまいましたが、
4月上旬の海でザトウクジラに会うことができました! るんるん♪

DSC_0396

2階建て、最大50名まで乗船できる大型船のボート・アクエリアス号に乗船し、
沖へ船を進めていくとクジラの親子を発見!🐳✨

クジラが呼吸をするときに海面に出てきて行う「ブロウ(潮吹き)」。

DSC_0474

色黒でダンディなスタッフのお兄さんに誘導され、船首部分に出ることもできました!
クジラが姿を現すのを待っていると、周りには同じようにホエールウォッチングを行っている船がちらほら。

DSC_0438

体全体を見ることはできませんでしたが、大きな背中や尻尾を見せてくれましたよ〜!

DSC_0469
DSC_0480

船酔いしかけていたことを忘れ、
迫力満点なザトウクジラに終始テンションが上がりっぱなし…!!

22歳にして自然の広さ、生き物の偉大さを目の当たりにしました。

セルリアンブルーさん、とても貴重な体験をありがとうございました!
冬限定アクティビティ・ホエールウォッチング、皆さんもぜひ体験してみてください♪

 

さて、場所は変わって那覇市曙にある本社にやってきました。
社員のみなさんがお仕事をしている横で、営業部長東江優(とうえまさる)さんにお話を聞かせていただきました。
どうぞよろしくお願いしま〜す!

 

〜サービス内容・こだわり〜

ぴろこ
最初に、サービス内容を教えてください。
東江さん
アクティビティを専門に扱っている旅行会社です。県外の方へ向けたオプショナルツアーの販売ウェディングやリムジンでのロケーションフォトなどを行っています。沖縄でオプショナルツアーを行っている会社はまだまだ少ないです。また、県内向けにはイベントを行っています。那覇からクルーザーで行くGWのゆり祭り、母の日はサザンビーチホテルのバンケットを貸し切りイベントをしたり、琉球海炎祭の花火クルーズなどもやっています。
ぴろこ
どういったお客さんがいらっしゃいますか?
東江さん
基本は観光客の方に向けてやっているのですが、県内向けのイベントも行っているので地元のお客さんもいますね。特に母の日イベントのときはほぼ女性で、母親とそのお子さんの方が多いです。
ぴろこ
オプショナルツアーだけでなく、イベントで特別さを味わえるのもまたいいですね!
ぴろこ
株式会社セルリアンブルーさんならではのこだわりを教えてください。
東江さん
コーポレートアイデンティティ「夢・感動・満足」というものがあるのですが、沖縄という素材を生かし、お客様に提供していく、というのがいちばんですね。観光の仕事は非現実をお客様に提供するものなので、その非日常がいちばんの売りですね!
ぴろこ
沖縄だからこそ生み出すことのできるこだわりですね!

 

〜仕事をしていて嬉しかったこと〜

ぴろこ
では、仕事をしていていちばんうれしかったことは何ですか?
東江さん
いちばんうれしかったことは、記念日やプロポーズなどお客様の大事な1ページに関わることができたことです。「ありがとう」と言われる、そこがいちばんのサービス業の醍醐味じゃないですかね!
ぴろこ
私もいろいろな職種のアルバイトをしてきましたが、その瞬間の気持ち、とてもよくわかります…!!

 

〜どんな人が向いている?〜

ぴろこ
そんな醍醐味を味わえるお仕事ですが、どんな人が向いていると思いますか?
東江さん
うちの会社には、旅行会社に商品を卸す顔とイベントをする顔があります。いろいろな顔を持ってるので、それを理解して楽しむことができる、創造性の高い人がいいですかね。ステージは無限にあるということを理解できる人が向いていると思います。あとは元気! いちばん大事なのは元気だからね。元気のない人からはものも買わないですから。

 

DSC_0488

〜沖縄の観光業界の現状、そしてこれから〜

東江さんからとても熱いお話も聞かせていただきました。

東江さん
真面目な話、観光業界は沖縄のリーディング産業と言われていますが、実際はまだ水準が低いとも言われています。サービスに価値ってなかなか付けづらいですが、それを付けられるような業界に持っていきたいと思ってくれる人がありがたいし、そういう人に同業者になってほしいですね。体裁になっている観光を、本当に沖縄のリーディング産業に持っていきたいと思う人が、たくさん沖縄の若者にいてくれたらありがたいですね。沖縄でリーディング産業をしてきたい人がもっともっと増えてほしい。もっと盛り上げてほしいです。
東江さん
振り返ってみると、大航海時代の沖縄・琉球王朝はそういうところだったはずなんです。交易や貿易で成り立っていて、伝統芸能が盛り上がっていた。原点回帰ではないですけれど、ハブ的な場所として、いろんなことやいろんな方々を受け入れて発信していくんだって形に持っていけたら最高じゃないですかね! 観光から全体が盛り上がっていってほしい。そういった琉球王国の血を引いてることを、地元の人間が感じて伸ばしてくれたらいいなと思います。

 

これからの沖縄をつくっていく若い世代のひとりとして、私自身とても身が引き締まる思いでした。
他人事と捉えずに、生まれ育った大好きな沖縄のいいところを守りさらに発展させられるよう、私も頑張りたいと強く感じました。

 

〜学生へのメッセージ〜

ぴろこ
では最後に、学生へ向けてメッセージをお願いします!
東江さん
仕事を生きがいにしてほしいです。8時間は睡眠・8時間は仕事・8時間は自分の時間という「24時間の法則」があるんですが、仕事が生きがいになればその時間も自分の時間になるんです。それが10年、20年と積み重なればその人のライフスタイルは全然違ってくるはずなので、そういう風に思って過ごしてくれればと思います。
東江さん
あとはやっぱり、社会って厳しくするもしないも自分次第なんですよ楽しいって思うのも言えるのも自分次第なんです。そのためには基礎・基本をしっかりすることです。個性とわがままの違いってそこなんですよね。基本があってのオリジナリティは個性、基本がない個性は単なるわがまま。そこから個性に発展してほしいです。それがとっても大事ですね。
東江さん
でもそのためにはいろんな経験をすることです。若いうちの苦労は買ってでもしろとよく言われますが、その理由が、苦労するのはいろんなことを経験するからなんです。自分が生きていく上での判断は最終的に自分がするんですよ。その判断基準の精度を上げるために苦労をするんです。経験が少ないと判断が甘くなる。だから今の若いうちにいろんな経験をして、自分の判断の精度を上げるためにいっぱい苦労してください。

東江さん
自分なりの判断基準で、自分が納得して楽しいと思うように過ごしていく、後悔ではなく反省をする人生にしてください。それを理解して生きていったらもっと楽しくなるんじゃないかな。人生は楽しいですからね。自分が先輩たちから学んだものを次の世代へと継承して、ぜひこれからの沖縄の宝となって頑張ってください!

 

働くことから、社会のこと人生のことまで、東江さんからたくさんのメッセージをいただきました。
まだまだこれから先の長い人生を、色鮮やかなものに。そして悔いの残らないものに。
熱い心を持ちながら人生を楽しんでいる、東江さんのようなかっこいい大人になれるように私も精いっぱい生きていきます!!

DSC_0490

東江さん、スタッフの皆様、お忙しい中ありがとうございました!

 

〜企業情報〜

株式会社セルリアンブルー
〈本社〉
〒900-0002 沖縄県那覇市曙2丁目24-13 曙沖商ビル6-A
ご予約・お問合わせTEL:098-941-6828
メールアドレス:info@cerulean-blue.co.jp

HPはコチラ
スタッフブログはコチラ

 

Special thanks:東江さん・大城さん・株式会社セルリアンブルーのスタッフの皆様
Photo by:ザマミ
Written by:ぴろこ

人気記事

カテゴリー

PAGE TOP