スマイリー in 日野晃ワークショップ

image1_LI_Moment

 

 

初めまして。2月からOkimag(オキマグ)メンバーのスマイリーです!

人生一回きり!自分の人生を愛して、愛がある大学生活を日々実践しております。

はい。Okimagで記事を書くのは初めてです。いつもは、PixのSNSを盛り上げるために日々ネタ探しをしているのですが、、
一方では沖縄キリスト教学院大学4年生ということもあり、今回Okimag(オキマグ)で記事を書くことになりました。

 

okimagを読んだ人の人生がよりよくなるように愛情をこめてかきますね!

主に大学生独自の目線で面白い記事、発見を書いていきますのでよろしくお願いします。
今回の取材先を決めた理由は、大学の活動で「演劇」と「朗読」をしていて、表現力を磨きたいと思ったからです。

 

また、「演劇」や「朗読」以外でも大学生は、

表現力が大切だと思ったので、なにか人生のヒントはもらえそうだなと思いました。

大学生の集大成、「就活」で今まで自分が行動してきたことを

表現できるかできないかで、

チャンスは変わってくると思うのです。
就活という人生の岐路を決めるビックイベント、初めての社会人として不安な気持ちをもっていると、

面接先で委縮したり、自分のやりたいこと、適正とあわないところにはいったりする場合もあります。
そこで今回、自分のパフォーマンスのためだけでなく、人としての意識を変えるためにこのワークショップに挑みました。

<社会に生きるすべてのひとへ、常識をくつがえす!!!>というキャッチコピーの真相を探る

ワークショップが始まりました。

日野さん
ワークショップは「身体塾・関係塾・表現塾」と分かれているが
結局は、自分自身を見つめるワーク!!
確たる自分創りが、関係を生み、確かな表現に繋がる
決して「関係」や「表現」という方法が別にあるのではなく、自分が在るという前提が、それらを生み出す。
そんなことを角度を変えて取り組む、それが私のワークショップ。

一番印象に残った日野さんの質問が、

「技を相手にかけるときに必要なことはなにか?」という質問です。

 

 

答えは、「それは準備や!

明日は来ても、明日の準備ができていなかったら明日の自分はこない。

準備をおこたるとひとは、うまくいかない。」image1

 

 

私の心にすごく響きました。

準備をめんどくさがる傾向があって、そのスイッチをいれることが遅いことが私の悩みでもありました。

 

 

しかし、この準備がおそいことで相手に技をかけられない、ということを体感し、

普段の私にリンクしました。

 

明日の準備をしない>>>明日の自分にアップデートしない>>>日々の変化にきづかない>>物理的な明日はながれつづける>>明日の自分はとまったまま

 

 

とまったままだと、誰にもわかってもらえずさらに誰にも協力してもあらえないし、いい影響を与えられない。

負の連鎖!!!

こいうところからも仕事や人生に向き合う精神が学べるのかと思いました。

 

 

 

武道は、相手に技をかけるときに

相手にばれたらいけません。

 

相手が憎しみを抱く気持ちを持つ前に技をかけ終え、相手を倒すという精神です。

そのためには準備。準備。準備を心掛けなければなりません。

 

 

あーー深い!まだまだたくさんエピソードはありますが、

「相手をみることで自分と向き合うことができる」ということを全ワークショップで体感できました。

 

 

 

このワークショップには、心理カウンセラー、保育園経営者、胚培養士、バレエダンサー、理学療法士、など様々な分野で活躍している社会人が、
人と向き合い、自分とむきあう時間をつくっていました。

そこでいろんな人にインタビューをしてみました。

  • image2 (3)
    ・保育園経営者
  • 「このワークショップで子供を受け止める力がつき、いい関係づくりができるようになった。」

・心理カウンセラー

「人と向き合う本質とはなにかをここでつかむことができるといっていました。」

・同世代の人たちも何人か参加していました。
その人たちもとてもキラキラしていて、ダンスや自分のやりたいことにむかって走っているひとが多く、

「この日野ワークショップで身体の使い方だけではなく、メンタルも鍛えられてきた」
「日野さんのワークショップにきたら、自分と真剣にむきあってくれる人がたくさんいる。」
「なので、自分と向き合いたい人にはオススメです!」

 

個人的に、「やりたいことがない人」にむけてもメッセージをもらいました。

キラキラしている同世代に聞いてみました。

 

やりたいことがない人は、まだ自分のことをわかっていなくて

簡単に考えていて、自分の人生に工夫がない。

なので自分と向き合う時間をつくることが大切!!

 

ということでした。

 

日野さんのワークショップは、メンタルについても学べることはもちろん、

普段動かさない場所を動かしてみるということも知ることができました。

 

全身の隅々をストレッチすることができ、

一日中体を動かしていたのですが、

終わったあと、体全体がスッキリとしていて、

体の芯をあたためられた感覚でした。

 

そして人生で初、「胸骨」という場所を動かしました。

kyoukotu

翌日、筋肉痛。でも 痛気持ちい感覚。

体を動かすって、疲れるとおもったけど、ストレス発散になるんですね。

 

今回は、沖縄ですが、日野ワークショップは、海外でも必要としている人がたくさんいて

オランダやイギリスでも開催しているようです。

世界レベルのワークショップが、沖縄で受けれるなんてっ

WS日野

もうひとつびっくりすることが、日野さんは、なんと69歳!!

69歳にみえない。すごいパワーをもっています。

pixsmile.hino

日野夫婦。日野さんの奥さんもすごくパワフル。

 

次は、夏に開催する予定です。

是非、日野ワークショップで自分磨きをしてみてはいかがでしょうか?

 

http://hino-budo.com/

人気記事

  1. 外観
  2. golfとpolo

カテゴリー

PAGE TOP