日本語学校(ICLC) by かえでぃ

初めまして。Okimagメンバーの”かえでぃ”です!
今回お邪魔したのは、
「国際言語文化センター附属日本語学校(ICLC)」さんです。

ICLCさんは二回目の訪問になります♪一回目の訪問はぴろこが行ってきてくれています。
記事はこちらをご覧ください^^

ICLC(日本語学校、以下ICLC)とは…
「日本語教師育成講座」「日本語コース」があります。

日本語教師育成講座では、日本語教師を目指す人を育てます。
ICLCでは世界各国からくる留学生と触れ合え、コミュニケーションが取れます。また実際の外国人クラスで現場実習もでき、楽しみながら学ぶことができます。

日本語コースでは、「日本語総合コース」「日本・沖縄体験コース」「サマーコース」の三つがあり、留学生が日本人との交流で学ぶことはもちろん、お喋りを通してコミュニケーション力をつけることができます。

担当の金城さんに、お話を伺いました!

金城さん
最近は日本にいる外国の人たちはどんどん増加していっているのがわかりますよね。
かえでぃ
そうですね、良く外国の方が働いているのを目にしていました!
金城さん
例えば、コンビニやラーメン屋、居酒屋の店員さんなど…様々なお店で外国の人たちが働いている中、日本語を教えてくれる先生が少なくて、足りていない状況にあるんです…

 

かえでぃ
へえ、そうなんだ…!初めて日本語教師という存在とその先生を育てる学校がある事を知った…!

私が参加したのは、日本語コースのサマーコース。
世界各国から留学生が来ていて、インドネシア・台湾・中国・香港・ミャンマー…など!こんなにたくさんの国の人と出会う事は中々ないので、すごく興奮!!
この日の授業では、グループワークをしました。自分の住んでいる国の地図などを書き、名前、その国で有名な食べ物、有名な事、を日本語で紹介していました。みんな日本語がとてもうまい!

時々言葉を詰まらせながらも笑顔で話していて、聞いている私も楽しくなっていました♪

沖縄の楽器「三線」が登場し、みんな興味深々!
先生の三線触ってみる〜?という声に目がキッラキラになっていました。

最後に、おやつに用意されていたスイカがきました!みんなで食べながらおしゃべりタイム♪

スイカを食べながら同じグループのインドネシアから来た、スルヤさんにインドネシア語でスイカは「セマンカ」というんだよ〜!と教えてもらいました!
他にもいろんなインドネシアの言葉を教えて貰ったり…!世界各国から留学生が来ているので、いろんな言葉を覚えられそう〜^^

日本語教師になるには資格を取らなければいけなくて…
ここICLCでは日本語教師養成講座(420時間コース)で学び、日本語教育能力検定試験に合格しプロの日本語教師を目指します。

たくさんの国の方と触れ合いながら現場実習ができるので、やりがいもあり何より楽しく学びながら日本語教師を目指せることが、いいですよね♪

DSC_0625

最後に、ICLCの皆様、貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。
詳しい情報はこちらのICLCのHPからどうぞ!是非チェックしてみてください♪

人気記事

  1. 外観
  2. golfとpolo

カテゴリー

PAGE TOP