日本語学校ICLC by ぴろこ

Okimag第二回目は日本語学校訪問!

 

はじめまして!沖縄国際大学4年次のぴろこです。
大学では主に英語の勉強をしています。
そんな私の目標は「日本語教師の資格をとること!」
先日、日本語教師を目指している仲間と一緒に那覇市小禄にある日本語学校へ授業見学に行ってきました~!
訪ねたのは「国際言語文化センター附属日本語学校(ICLC)」
イオン那覇ショッピングセンターとTSUTAYAの間にあります。

img_9567

最初に見学したクラスは、始まってまだ2週間と間もないクラス。
先生は、な な なんと、沖国の卒業生でした!ひゃ~
先輩の授業を目の前にして、テクニックを盗もうと必死な後輩たち……

先生と生徒、生徒同士のキャッチボールが多く、
とても実践的な授業だなと印象を受けました。
なるほど、こういう風にやるとクラス全体で楽しく授業が進められるのだと、メモメモ。

img_9573

他のクラスもちらっと見学させていただきました。こちらはベテランの先生。
最初のクラスよりも少しレベルの高いクラスでした。
「あ、この授業内容この前の講義でやったなー」と思いつつ、
日本人でもなかなか難しい「ら抜き言葉」や、条件形などを勉強している外国人の生徒たち。
それを教えている先生。

私たち日本人でも理解するのに一苦労する、日本語の複雑な構成や成り立ちを、たくさんの外国人が学んでいる。
その姿勢は皆、積極的ではきはきとしていてとても輝いていました。
彼らの姿を見て、すごいな、と。本当に心から思いました。
生徒が積極的に学んでいける授業づくりができるよう私も頑張ろう、という想いで、気が引き締まりましたね!

そして授業見学の後は、質問タイム~~

img_9569
担当の金城さんへ、私たちからの質問攻撃です!
日本語学校・教師のやりがい、学校の雰囲気や、少し踏み込んだしごと事情……お給料とか(小声)
それぞれ気になることを聞くことができました。

今回ICLCさんを訪問してわかったことは、
先生と生徒みんなが楽しんで授業をつくりあげていたこと。
だからこそ生まれるキョリの近さや、明るくて元気な空気。
実際の現場をみることができて、「私も働くならこんな素敵な日本語学校がいい!」と思いました。
一緒に行ったメンバーも、日本語教師として働くというイメージができたみたいです。

あ、そうそう。わからない方もいらっしゃると思うので、簡単に「日本語教師」について説明しますね!
日本語教師になるためには
1、大学で主専攻あるいは副専攻の日本語教育科目を履修し、卒業していること
2、日本語教師養成講座において420時間以上の教育を受けていること
3、日本語教育能力検定試験に合格していること
この3つのうちどれか1つを満たしていれば、日本語教師になることができます。

私は1のパターンで、今大学で必死に勉強中の身でございます……(震)
大学で履修するのは手遅れだし、講座や検定試験ってどうするの~という方、ご安心ください、間に合いますよ!
ICLCさんはそんな方々へ向けて、「日本語教師養成講座」を行っているのです。興味のある方はぜひチェックしてみてください♪

では最後に・・・

担当してくださった金城さん、ICLCの先生、生徒、そしてスタッフの皆さま。
お忙しい中、有意義な時間をありがとうございました!

img_9574

国際言語文化センター付属日本語学校
HPはコチラ↓
https://iclcjapan.com/

人気記事

  1. 外観
  2. golfとpolo

カテゴリー

PAGE TOP